徹底したエイジングケアのために!しわケア美容液を調査しました。

年代別のシワ対策

女性なら誰でも望むアンチエイジングについてご紹介して行きます。

アンチエイジングの基礎として、30代、40代、50代と年代別にしわ対策を調べてみました。

年代別 しわ対策&アンチエイジング情報

肌状態は加齢により変化していきます。肌のターンオーバーに時間がかかるようになり、肌の再生力も著しく落ちていきます。肌トラブルも若いころと比べてだんだんと感じるようになるでしょう。

しわが出始めるのは20代後半ぐらいからですが、その後のケアをどうするかによって、30代、40代、50代でのお肌の状態、しわの状態が変わってきます。

加齢を言い訳にして諦めずに、しっかりとしたケアの方法を知ってアンチエイジングしましょう。

30代のしわ対策

30代になると、皮膚の柔らかい目の周りを中心に目の下の小じわや、ほうれい線ができ始める人が出てきます。これは個人差はありますが、30歳を過ぎると新陳代謝の低下が始まるからです。

そのため、肌の新陳代謝を活発化させるコラーゲンエラスチンといった肌にハリや潤いを与える成分を意識的にスキンケアで取っていくことが必要です。

また、しわの部位を意識してマッサージをすることで、早期段階のしわ対策ができます。

40代のしわ対策

40代になると、肌の再生スピードは10代の頃の1,5倍近くおそくなります。30代の頃は小じわだったものが深いしわになり、薄かったほうれい線が如実にわかるようになり、額にもしわが刻まれるようになります。

しわに深さがでる、つまり、表皮じわ真皮じわになってしまうので、美容成分が配合された真皮層にまで働きかけるクリームや美容液を使用し、肌の機能をサポートしましょう。

50代のしわ対策

50代に入るとほうれい線が目立つようになり、耳の下には縦じわもみられるようになります。これは顔の筋肉が低下し、肌にたるみが出てきた証拠です。普段から表情筋を衰えさせないように、フェイスマッサージをしたり、表情筋を意識して使うようにしましょう。

また、50代になると閉経が起こり、女性ホルモンのバランスが崩れます。女性ホルモンエストロゲンが減ることで、コラーゲンも減ってしまうので、エストロゲン成分やコラーゲン成分の入ったケア商品や食品には特に気を使いたいですね。

美容外科のシワ治療

美容皮膚科で行うしわ・ほうれい線治療は、大きく分けて注射と照射の二種類があります。注射の場合は、ボトックスやヒアルロン酸などの施術があり、しわやほうれい線が気になる部分にピンポイントで治療することができます。

照射の場合は、サーマクールやウルセラ、サーマクールなどの施術があります。最近人気施術であるサーマクールは、高周波の熱を肌にあてることでコラーゲンの生成を促す美容治療です。施術後すぐにメイクできる、ダウンタイムがないことが人気の理由です。サーマクールの相場や効果の詳細について、大阪の切らないたるみ治療(ポラリス・サーマクール・金の糸ほか)の名医を参考にしてチェックしてみてください。