徹底したエイジングケアのために!しわケア美容液を調査しました。

レチノール

しわ対策のスキンケアに欠かせない成分の一つとして注目を浴びている「レチノール」について、その成分と、しわに有効といわれる理由をご紹介して行きます。

まず、レチノールはビタミンAビタミンAアルコールとも呼ばれるビタミンAの一種です。

当初、レチノールはしわ取りに役立つ薬として、欧米を中心に一大ブームとなった成分でした。日本では皮膚科医、美容外科医などが外用薬として処方するようになったのがレチノールの広まったきっかけといわれています。

現在では化粧品業界や、美容クリニックやエステサロンといった美容業界でもアンチエイジング効果のために注目・利用されています。

レチノールの成分とそのシワとり効果とは

先にレチノールはビタミンAの一種と言いましたが、働きもビタミンAそのものの働きをします。ビタミンAの働きは、肌に塗った場合、以下のような働きが期待できます。

  • 角質層の保湿性向上
  • 表皮細胞の保護作用
  • 肌の新陳代謝が活発になる
  • 肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンの生成が促進される

これらがまさにレチノールの働きでもあるんです。特にレチノールは、皮膚に浸透すると表皮細胞の生まれ変わりを活発にする働きがあり、この働きにより、しわやたるみが解消されるんです。

しわの原因ともなる乾燥や細胞の老化をレチノールを用いることで防ぎ、皮膚の若返りを図ることができるんですね。

肌に塗ると皮膚をふっくらさせてくれることからも、目尻や口元にできてしまった「小じわ」や「ちりめんじわ」にも有効活用できますよ。