徹底したエイジングケアのために!しわケア美容液を調査しました。

アルジルリン

「塗るボトックス」ともいわれる「アルジルリン」について、どのような成分か、しわ対策に有効な理由などをわかりやすくご紹介して行きます。

そもそも、アルジルリンはボトックスに代わる成分として開発されたものなんです。

開発したのは美容の先進国スペインのリポテック社でしたが、実はボトックス注射が法律で禁止されていたため、「しわ対策にボトックスと同じ働きをする成分を開発しなくては!」と、開発されたものだったんですよ。

「アルジルリン」の働きとシワへの効果は?

アルジルリンは、筋肉を動かす元になる神経伝達物質の放出を抑制する効果があります。神経伝達の経路に働きかけることで筋肉の緊張をほどき、表情しわの軽減を促進するんです。

このため、目じりの笑いしわや眉間のしわ、額の横しわなど、いわゆる表情しわの原因となる表情筋の動きや、筋肉の緊張を緩和することで、表情しわの改善、解消に役立つことができるんです。このことからも、アルジルリンはしわの中でも表情しわに対して特に有効だといわれています。

この表情しわへの働きかけが、美容注射でおなじみ、ボトックスのボツリヌス菌の働きと似ているので、「塗るボトックス」とも言われているんです。正確にはボツリヌス菌毒素から抽出された成分であるボトックスではありませんし、ボトックス注射のような副作用もありませんから、ご安心下さい。

アルジルリンの効果は個人差もありますが、早ければ2週間程度、ほとんどの方が遅くても一ヶ月前後で効果を実感されるようです。即効性はありませんが、ボトックス注射に抵抗がある方は、同じ効果を望めるアルジルリンで試してみてはいかがでしょうか?

副作用の心配もないので、興味がある方にはお勧めしたいと思います。

「アルジルリン」と同じ働きを持つ「オクラ種子エキス」

アルジルリンと同じく「塗るボトックス成分」として注目を集めているのが、オクラ種子エキスです。オクラ種子エキスにも、ボトックスと同じく筋痙縮作用があります。

さらに、抗しわ作用や抗酸化作用も持っているため、お肌の老化自体をケアする働きも期待できるのです。

植物由来のお肌に優しい成分ですので、表情じわにお悩みの方は、こちらの成分を取り入れてみるのもアリですよ。

表情じわにもオススメな美容成分ランキング≫≫